炎症抑制用の組成物

開放特許情報番号
L2020000928
開放特許情報登録日
2020/5/8
最新更新日
2020/5/8

基本情報

出願番号 PCT/JP2019/011851
出願日 2019/3/20
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 WO2019/182055
公開日 2019/9/26
発明の名称 炎症抑制用の組成物
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 炎症抑制用の組成物
目的 新たな炎症抑制剤を提供する。
効果 対象におけるレグナーゼ−1の活性化による炎症抑制が可能になる。あるいは、レグナーゼ−1mRNAの3’非翻訳領域による遺伝子発現の制御を指標として、炎症抑制薬として使用し得る物質をスクリーニングし得る。
技術概要
炎症抑制用の組成物であって、
レグナーゼ−1mRNAの3’非翻訳領域におけるステムループ構造を破壊する少なくとも1つの物質を含み、
ステムループ構造が、配列番号1の第231位〜第245位に相当する領域で形成される第1のステムループ構造および配列番号1の第424位〜第442位に相当する領域で形成される第2のステムループ構造から選択される少なくとも1つのステムループ構造である、組成物。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2020 INPIT