入力設定装置及びそのプログラム

開放特許情報番号
L2020000887
開放特許情報登録日
2020/7/13
最新更新日
2020/7/13

基本情報

出願番号 特願2006-308373
出願日 2006/11/14
出願人 オンキヨー株式会社
公開番号 特開2008-123629
公開日 2008/5/29
登録番号 特許第4830174号
特許権者 オンキヨー株式会社
発明の名称 入力設定装置及びそのプログラム
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 入力設定装置
目的 ユーザが複雑な操作を要することなく、セレクタに入力端子を容易に割り当てることができる入力設定装置を提供する。
効果 セレクタ毎に割当設定画面を用いてセレクタへの割当設定を行うことができるので、割当設定操作が非常に容易になる。
技術概要
映像信号又は音声信号が入力され、割り当てられる対象のセレクタが予め定められており、セレクタに対する第2の入力端子の割当が全て解除されたときセレクタに割り当てられる1又は複数の第1の入力端子と、割り当てられるべき対象のセレクタをユーザ操作に応じて選択可能な1又は複数の第2の入力端子とを含む入力端子群と、
複数のセレクタを有し、複数のセレクタの中から1つのセレクタが選択されることにより、選択されたセレクタに割り当てられている入力端子を選択する選択手段と、
セレクタに入力端子をユーザ操作に応じて割り当てる割当手段と、
セレクタに割り当てる入力端子を、第1の入力端子と、第2の入力端子との中から、ユーザ操作に応じて1つの入力端子を選択する割当設定画面をセレクタ毎に表示する割当設定画面表示手段とを備え、
割当手段が、割当設定画面において選択された入力端子が第2の入力端子である場合に、選択された入力端子をセレクタに割り当て、割当設定画面において選択された入力端子が第1の入力端子である場合、当該入力端子をセレクタに割り当てるように、第2の入力端子のセレクタへの割当を全て解除する、入力設定装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 オンキヨー株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT