ネットワーク型コンテンツ再生システム

開放特許情報番号
L2020000869
開放特許情報登録日
2020/5/18
最新更新日
2020/5/18

基本情報

出願番号 特願2011-172472
出願日 2003/5/26
出願人 オンキヨー株式会社
公開番号 特開2011-242800
公開日 2011/12/1
登録番号 特許第5017738号
特許権者 オンキヨー株式会社
発明の名称 ネットワーク型コンテンツ再生システム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 ネットワーク型コンテンツ再生システム
目的 サーバに蓄積された音声や映像などのコンテンツをクライアントが自由に選択して再生することの可能なネットワーク型コンテンツ再生システムを提供する。
効果 サーバに蓄積された多数のコンテンツの中から所望のコンテンツがクライアントの要求に応じて選択される。選択されたコンテンツはサーバからクライアントに送信され、そのコンテンツが再生される。そのため、サーバに蓄積された複数のコンテンツをクライアントが自由に選択して再生することができる。
技術概要
コントローラが、AV機器のボリュームを制御するコマンドをクライアントに送信する手段を有し、
クライアントが、
コントローラからコマンドを受信する手段と、
コマンドをAV機器に送信する手段とを有し、
AV機器が、
ボリュームと、
クライアントからコマンドを受信する手段と、
受信したコマンドに応じてボリュームを制御する手段とを有し、
AV機器が、ボリュームのステータスをクライアントに送信する手段をさらに有し、
クライアントが、
AV機器からステータスを受信する手段と、
コントローラにステータスを送信する手段とをさらに有し、
コントローラが、
クライアントからステータスを受信する手段と、
ステータスを表示する手段とをさらに有し、
クライアントが、
AV機器からステータスを受信したとき、ステータスをコントローラに前回送信してから所定時間経過しているか否かを判断する手段と、
所定時間経過していると判断されたとき、ステータスをコントローラに送信する手段と、
所定時間経過していないと判断されたとき、ステータスをコントローラに送信しない手段とをさらに有する、ネットワークAVシステム。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 オンキヨー株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT