音響再生装置

開放特許情報番号
L2020000860
開放特許情報登録日
2020/5/18
最新更新日
2020/5/18

基本情報

出願番号 特願2001-277491
出願日 2001/9/13
出願人 オンキヨー株式会社
公開番号 特開2003-087893
公開日 2003/3/20
登録番号 特許第4826693号
特許権者 オンキヨー株式会社
発明の名称 音響再生装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 スピーカの指向性を制御するための指向性制御部を備えるスピーカ装置の配置方法、およびスピーカ装置を用いた音響再生装置
目的 音像がスピーカの配置位置より遠方に感じられるスピーカ装置の配置方法、およびそのスピーカ装置を用いた音響再生装置を提供する。
効果 単一指向放射特性のゼロ点方向がリスナー側に向くことになり、リスナーは、音像が実際のスピーカの配置位置よりも遠方に位置するように感じることができる。
技術概要
2個1組のスピーカを近接配置させたスピーカ取付面と、
入力信号を上記2個1組のスピーカの離間距離に応じた時間だけ遅延させて出力する遅延手段、および上記入力信号と上記遅延手段により遅延された入力信号とが互いに逆位相で上記2個1組のスピーカから各別に音響放射されるようにする位相反転手段を有し、かつ上記2個1組のスピーカを駆動して単一指向放射特性を得るための指向性制御部とを備え、
上記2個1組のスピーカのうちのいずれか一方のスピーカは、上記指向性制御部によって遅延させられた上記入力信号を出力するものとされており、
上記一方のスピーカは、上記スピーカ取付面における上記2個のスピーカの中心軸の双方と互いに直交する直線上において、他方のスピーカより、上記スピーカ取付面に直交しかつリスナーに対向する操作表示面側に配置され、上記リスナー側に上記単一指向放射特性のゼロ点方向が向くようにされていることを特徴とする、音響再生装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 オンキヨー株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT