送信装置および受信装置

開放特許情報番号
L2020000852
開放特許情報登録日
2020/5/1
最新更新日
2020/5/1

基本情報

出願番号 特願2015-094189
出願日 2015/5/1
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2016-213607
公開日 2016/12/15
登録番号 特許第6595208号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 送信装置および受信装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 OFDM信号の送信装置および受信装置
目的 周波数利用効率を損なうことなく、キャリヤ間隔が異なる移動受信向けOFDM信号および固定受信向けOFDM信号を時分割多重してデジタル信号を送信する送信装置、および、その送信装置から送信されたデジタル信号を受信する受信装置を提供する。
効果 周波数利用効率を損なうことなく、キャリヤ間隔が異なる移動受信向けOFDM信号および固定受信向けOFDM信号を時分割多重して送信することができ、また、時分割多重されたデジタル信号を受信することができる。
技術概要
移動受信向けデジタル信号と固定受信向けデジタル信号とをそれぞれOFDM(直交周波数分割多重)変調し、OFDM変調された移動受信向けデジタル信号と固定受信向けデジタル信号とを時分割多重して時分割多重デジタル信号を送信する送信装置であって、
移動受信向けデジタル信号をOFDM変調する第1のOFDM変調部、および、
第1のOFDM変調部により変調されたOFDM信号にGI(ガードインターバル)を挿入し、GIが挿入され、固定受信向けデジタル信号とはキャリヤ間隔の異なるOFDM信号を出力するGI挿入部と、を有する移動受信向け変調部と、
固定受信向けデジタル信号をOFDM変調し、OFDM変調された、移動受信向けデジタル信号とはキャリヤ間隔の異なるOFDM信号を出力する第2のOFDM変調部を有する固定受信向け変調部と、
移動受信向け変調部のGI挿入部により出力された、GIが挿入されたOFDM信号、および、固定受信向け変調部の第2のOFDM変調部により出力された、GIが挿入されていないOFDM信号を時間領域で時分割多重する時分割多重部と、
を備えることを特徴とする送信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT