画像圧縮装置、画像圧縮方法及び画像圧縮プログラム

開放特許情報番号
L2020000850
開放特許情報登録日
2020/5/1
最新更新日
2020/5/1

基本情報

出願番号 特願2015-076800
出願日 2015/4/3
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2016-197806
公開日 2016/11/24
登録番号 特許第6584118号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 画像圧縮装置、画像圧縮方法及び画像圧縮プログラム
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 高解像度を有する画像データのデータ量を圧縮する画像圧縮装置、画像圧縮方法及び画像圧縮プログラム
目的 画像データの圧縮後のデータ量を効率的に目標値以内に収める画像圧縮装置、画像圧縮方法及び画像圧縮プログラムを提供する。
効果 画像データの圧縮後のデータ量を効率的に目標値以内に収めることができる。
技術概要
画像データをブロック単位で符号化する際の圧縮パラメータを決定する圧縮制御装置であって、
前記画像データを前記ブロック単位でサンプリングした縮小画像データを生成する画像縮小部と、
高圧縮パラメータ、及び低圧縮パラメータにより、それぞれ前記縮小画像データの符号化を試行する符号化試行部と、
前記低圧縮パラメータによる圧縮後のデータ量から前記高圧縮パラメータによる圧縮後のデータ量までを0から1に正規化した際の、前記縮小画像データの圧縮後の正規化目標データ量を算出する算出部と、
前記低圧縮パラメータから前記高圧縮パラメータまでの圧縮パラメータの離散値それぞれと前記正規化目標データ量の範囲との対応関係を規定した変換テーブルに基づいて、前記算出された正規化目標データ量に対応する圧縮パラメータを決定する決定部と、を備え、
前記変換テーブルにおける前記正規化目標データ量は、前記離散値それぞれに対して、圧縮後の正規化データ量の統計分布におけるピークよりも、当該分布の形状に基づいて所定量大きくした値を下限とする範囲が設定される圧縮制御装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT