可変磁気結合回路

開放特許情報番号
L2020000839
開放特許情報登録日
2020/4/28
最新更新日
2020/4/28

基本情報

出願番号 特願2018-076790
出願日 2018/4/12
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 特開2019-186418
公開日 2019/10/24
発明の名称 可変磁気結合回路
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 可変磁気結合回路
目的 構造を簡略化しつつ、制御における混線を低減することができる可変磁気結合回路を提供する。
効果 構造を簡略化しつつ、制御における混線を低減することができる。
技術概要
磁束の状態を有する回路要素である被結合対象の間で磁気結合する可変磁気結合回路であって、
ループ状に電流が流れる超伝導体のループ経路と、
前記ループ経路上に配置されたインダクタ部と、
前記ループ経路上に配置され、直列接続された少なくとも2つのジョセフソン接合を有し、与えられた電荷に基づいて、前記被結合対象の間の磁気結合強度を変更する結合強度変更部と
を備えることを特徴とする可変磁気結合回路。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT