データ・セグメンテーション装置

開放特許情報番号
L2020000820
開放特許情報登録日
2020/4/28
最新更新日
2020/4/28

基本情報

出願番号 特願2018-148249
出願日 2018/8/7
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 特開2020-024277
公開日 2020/2/13
発明の名称 データ・セグメンテーション装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 時系列に連続するシーケンスデータを分割する方法に関し、例えば、文章分割方法(センテンス・セグメンテーション)についての技術
目的 シーケンスデータ(例えば、文章)を構成する単位データ数(例えば、単語数)に関係なく、リアルタイムでシーケンスデータ分割処理(例えば、文章分割処理)を実行することができるデータ・セグメンテーション装置を実現する。
効果 シーケンスデータ(例えば、文章)を構成する単位データ数(例えば、単語数)に関係なく、リアルタイムでシーケンスデータ分割処理(例えば、文章分割処理)を実行することができるシーケンスデータ分割方法(例えば、文章分割方法)、データ・セグメンテーション装置を実現することができる。また、当該文章分割方法、センテンス・セグメンテーション装置を利用することで、リアルタイムで精度の高い機械翻訳を行うことができ、さらに、機械によるリアルタイムでの同時通訳を実現することができる。
技術概要
時系列に連続するデータであるシーケンスデータを構成する単位データを入力し、
各要素がシーケンスデータの境界位置である確率を示すデータであるm個(m:自然数)の要素と、もう1つの要素との合計m+1個の要素からなるm+1次元ベクトルデータを出力するニューラルネットワーク部と、
前記ニューラルネットワーク部から出力される前記m+1次元ベクトルデータに基づいて、シーケンスデータの境界位置を決定する境界検出部と、
を備えるデータ・セグメンテーション装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT