PAR1阻害をメカニズムとする異所性骨化の治療薬剤

開放特許情報番号
L2020000787
開放特許情報登録日
2020/4/27
最新更新日
2020/4/27

基本情報

出願番号 特願2017-551922
出願日 2016/11/17
出願人 国立大学法人 熊本大学
公開番号 WO2017/086385
公開日 2017/5/26
発明の名称 PAR1阻害をメカニズムとする異所性骨化の治療薬剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 PAR1阻害をメカニズムとする異所性骨化の治療薬剤
目的 FOP患者の皮膚線維芽細胞からiPS細胞の樹立が困難であることの原因を解明し,FOP患者における病態メカニズムをより明らかにするとともに,得られた知見を活かした新たな治療薬や治療方法,診断方法等の開発。
効果 FOP患者の皮膚線維芽細胞からiPS細胞の樹立が困難であることの原因,ならびにFOP患者における異所性骨化のメカニズムが明らかになるとともに,異所性骨化の抑制ないし予防効果が期待できる薬剤の開発が可能となった。
技術概要
PAR1を阻害することにより,異所性骨化を治療ないし予防することを特徴とする薬剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 国立大学法人熊本大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT