土壌改良用ブロック

開放特許情報番号
L2020000773 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2020/4/15
最新更新日
2020/4/15

基本情報

出願番号 特願2010-218750
出願日 2010/9/29
出願人 有限会社ヤマテク
公開番号 特開2012-072295
公開日 2012/4/12
登録番号 特許第5489041号
特許権者 有限会社ヤマテク
発明の名称 土壌改良用ブロック
技術分野 化学・薬品、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 土壌改良用ブロック
目的 植え付けした植物の近傍の土壌に、腐植等の土壌改良物質を所定量供給することができ、当該土壌を改良できる土壌改良用ブロックを提供する。
効果 植物を栽培するための土壌を改良する物質をブロックに成形した本体部と、本体部の外周面から内部方向に向かって開口した切欠部とを有したものが水溶性の箱体に収納されてなる。これにより、切欠部内に位置させた植物の周囲の土壌に、本体部より物質を供給し、当土壌を改良することができる。物質がブロックに成形されているので、計量することなく所定量の当物質を植物に供給できる。そのため、農家等の負担を低減することができる。さらに、雨水や散水等により徐々に溶解して土壌に対し、それを改良する物質を供給することができる。
技術概要
植物を栽培するための土壌を改良する物質をブロックに成形した本体部と、該本体部の外周面から内部方向に向かって開口した切欠部と、を備えたものが水溶性の箱体に収納されてなることを特徴とする土壌改良用ブロック。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT