医療用生体吸収性部材及びその製造方法

開放特許情報番号
L2020000729
開放特許情報登録日
2020/4/10
最新更新日
2020/4/10

基本情報

出願番号 特願2016-535960
出願日 2015/7/22
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 WO2016/013594
公開日 2016/1/28
登録番号 特許第6338666号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 医療用生体吸収性部材及びその製造方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 医療用生体吸収性部材及びその製造方法
目的 基材の腐食溶解を抑制して任意の腐食溶解速度に抑制するために様々な耐食性を示す、生体安全性及び生体適合性の高い表面層を有する医療用生体吸収性部材及びその製造方法を提供する。
効果 金属又は合金基材と、水酸化物および/もしくは酸化物層と、ポリマー層とを有する構成なので、水酸化物および/もしくは酸化物層が境界での組成の傾斜により強固に金属又は合金基材に密着し、例えば、親水性かつ非イオン性ポリマーの末端や側鎖のOH基が、水酸化物および/もしくは酸化物層の最表面の金属原子に配位結合するとともに、OH基同士で水素結合し、水酸化物および/もしくは酸化物層と親水性かつ非イオン性ポリマー層とを強固に接着できる。
技術概要
Mg又はZnの少なくとも一方を含む金属又は合金基材と、
Mg(OH)↓2又はZn(OH)↓2の少なくとも一方からなる水酸化物および/もしくはMgO又はZnOの少なくとも一方からなる酸化物層であって、前記基材を覆う前記水酸化物および/もしくは酸化物層と、
電子供与性基を有するポリマーを有する親水性かつ非イオン性のポリマー層であって、ポリエチレングリコール(PEG)からなると共に、前記水酸化物および/もしくは酸化物層を覆う前記ポリマー層を有することを特徴とする医療用生体吸収性部材。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT