フェライト系耐熱鋼とその製造方法

開放特許情報番号
L2020000719
開放特許情報登録日
2020/4/8
最新更新日
2020/4/8

基本情報

出願番号 特願2017-502473
出願日 2016/2/25
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 WO2016/136888
公開日 2016/9/1
登録番号 特許第6562476号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 フェライト系耐熱鋼とその製造方法
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 クリープ強度と破断延性に優れたフェライト系耐熱鋼とその製造方法
目的 ステンレス鋼やニッケル基超合金と比較すると合金元素の調達が容易なフェライト系耐熱鋼を用いることで、火力発電プラントのような民生用発電プラントの熱エネルギー効率の高さとプラント建設コストを調和できるフェライト系耐熱鋼を提供する。
効果 火力発電プラントの高温蒸気用の圧力配管に用いる場合に、稼働時間が10万時間を超すような場合についても、長時間域におけるクリープ破断延性の大幅な低下がなく、フェライト系耐熱鋼の弾性限度を超える負荷が作用する場合と同様に優れたクリープ破断延性を示し、火力発電プラントの長期間稼動が安定して確保できる。
技術概要
化学組成が、質量%で、
C:0.03〜0.15
Si:0〜0.8
Mn:0.1〜0.8
Cr:8.0〜11.5
Mo:0.2〜1.5
W:0.4〜3.0
B:0.002〜0.010
V:0.1〜0.4
Nb:0.02〜0.12
N:0.02〜0.10を含み、
残部:鉄および不可避的不純物からなるフェライト系耐熱鋼であって、
焼き戻しマルテンサイトの微細組織を有すると共に、
前記フェライト系耐熱鋼よりなる鋼材に700℃で60MPaの応力を負荷した場合において、クリープ破断延びが16%以上で、クリープ破断絞りが28%以上のクリープ破断延性を有することを特徴とするフェライト系耐熱鋼。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT