母材と粒状材料を混合した受容体層を被覆したセンサ

開放特許情報番号
L2020000718
開放特許情報登録日
2020/4/8
最新更新日
2020/4/8

基本情報

出願番号 特願2017-502484
出願日 2016/2/25
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 WO2016/136905
公開日 2016/9/1
登録番号 特許第6654324号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 母材と粒状材料を混合した受容体層を被覆したセンサ
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 検出対象物質の高感度かつ選択的検出を可能とするセンサ
目的 母材と、それに対して物理的/化学的特性の異なる粒状材料とを混合した受容体層を用いることにより、粒状材料の化学組成に由来する検体分子選択性を実現しつつ、ヤング率などの物理的特性の異なる粒状材料を用いることで、母材/粒状材料複合体として母材とは異なる物理的特性を実現し、高感度化を達成する方法を提供する。
効果 ポリマーなど単独の母材では実現することが困難であった高い感度および多様な検体分子選択性を、物理的/化学的性質の異なる粒状材料を混合することによって実現することが可能になる。
技術概要
母材と粒状材料とを含む複合体の受容体層と、
前記受容体層を表面上に有し、検体分子が前記受容体層に吸着される際に生じる表面応力の変化を検出する表面応力センサと
を備え、前記粒状材料と前記母材は、互いに異なるヤング率を有するセンサ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT