ポリアリルアミン塩酸塩を受容体として用いたナノメカニカルセンサ並びにアセトン濃度測定装置

開放特許情報番号
L2020000674
開放特許情報登録日
2020/3/27
最新更新日
2020/7/20

基本情報

出願番号 特願2016-053812
出願日 2016/3/17
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2017-167036
公開日 2017/9/21
登録番号 特許第6721897号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 ポリアリルアミン塩酸塩を受容体として用いたナノメカニカルセンサ並びにアセトン濃度測定装置
技術分野 情報・通信、電気・電子、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 受容体層としてポリアリルアミン塩酸塩(以下PAA−HClと称する)で被覆したナノメカニカルセンサ、ナノメカニカルセンサを使用したアセトン濃度測定装置、糖尿病診断用呼気測定装置及び作業環境変化用アセトン濃度測定装置
目的 ナノメカニカルセンサ上にアセトンに対して高い感度を持つ受容体材料を被覆することによって、アセトンの高感度測定手法を可能とする。
効果 気体試料中に含まれるアセトンを大掛かりな装置を使用せずに高感度でしかも簡単に検出することが可能になる。
技術概要
ポリアリルアミン塩酸塩を受容体として用いたナノメカニカルセンサ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT