タンニン酸誘導体を含むフィルム組成物、そのフィルム組成物の製造方法

開放特許情報番号
L2020000661
開放特許情報登録日
2020/3/27
最新更新日
2020/3/27

基本情報

出願番号 特願2018-519654
出願日 2017/5/26
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 WO2017/204359
公開日 2017/11/30
登録番号 特許第6631928号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 タンニン酸誘導体を含むフィルム組成物、そのフィルム組成物の製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 タンニン酸誘導体を含むフィルム組成物
目的 タンニン酸のような天然ポリフェノールベースの自己支持多機能フィルムを提供する。
効果 自己支持性フィルム組成物はフィルム形成性を有し、タンニン酸含有フィルム単体で安定なフィルムを形成する。
技術概要
タンニン酸の水酸基のうち12%〜24%が両端にイソシアネート基を有する直鎖状の前駆体ポリマーとの反応で生成したウレタン結合で結合したタンニン酸誘導体を含む自己支持性フィルム組成物。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT