醤油諸味粕を分解する方法および醤油諸味粕分解用組成物

開放特許情報番号
L2020000636
開放特許情報登録日
2020/3/20
最新更新日
2020/3/20

基本情報

出願番号 特願2018-052739
出願日 2018/3/20
出願人 学校法人 東洋大学
公開番号 特開2019-162080
公開日 2019/9/26
発明の名称 醤油諸味粕を分解する方法および醤油諸味粕分解用組成物
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 醤油の生産過程において発生する副産物である醤油諸味粕を分解する技術
目的 醤油諸味粕を分解するための新規方法、ならびにその方法のために使用できる新規な微生物および組成物を提供する。
効果 塩分や水分を含んだままの醤油諸味粕を低コストで分解し減量することができる。
技術概要
受託番号NITEP−02649で寄託されている微生物、受託番号NITEP−02650で寄託されている微生物、受託番号NITEP−02651で寄託されている微生物、またはそれらのうちの2つ以上を含む混合物を、醤油諸味粕と接触させることを含む、醤油諸味粕を分解する方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人東洋大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT