スプレードライヤ

開放特許情報番号
L2020000634
開放特許情報登録日
2020/3/20
最新更新日
2020/3/20

基本情報

出願番号 特願2018-129812
出願日 2018/7/9
出願人 学校法人 東洋大学
公開番号 特開2020-006317
公開日 2020/1/16
発明の名称 スプレードライヤ
技術分野 機械・加工、情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 生成中の微粒子の水分含有率を測定可能なスプレードライヤ
目的 生成中の造粒粉の水分含有率をリアルタイムで測定でき、利便性および生成効率を向上できるスプレードライヤを提供する。
効果 生成中の造粒粉の水分含有率をリアルタイムで測定でき、利便性および生成効率を向上できるスプレードライヤを提供することができる。
技術概要
噴霧された液状材料を熱風により乾燥させて造粒粉を得るスプレードライヤであって、
前記液状材料を霧化させて噴霧液滴を生成するアトマイザと、
前記アトマイザと接続されて前記噴霧液滴が連続的に供給される乾燥室と、
前記乾燥室に設けられ、前記噴霧液滴に対して熱風を吹き付ける熱風供給装置と、
排気ポンプおよび生成された前記造粒粉の捕集器を備える真空チャンバと、
前記乾燥室と前記真空チャンバとを接続する連通部と
を備え、
前記連通部には、流通する前記造粒粉の水分含有率を測定する水分含有率測定手段が設けられていることを特徴とするスプレードライヤ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人東洋大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT