細胞遊走アッセイデバイス

開放特許情報番号
L2020000632
開放特許情報登録日
2020/3/20
最新更新日
2020/3/20

基本情報

出願番号 特願2018-157278
出願日 2018/8/24
出願人 学校法人 東洋大学
公開番号 特開2020-028270
公開日 2020/2/27
発明の名称 細胞遊走アッセイデバイス
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 細胞遊走をアッセイするためのデバイス
目的 フォトリソグラフィー技術に依存することなく、効果的な細胞遊走アッセイ用マイクロ流体デバイスを提供する。
効果 フォトリソグラフィーを用いることなくきわめて安価かつ簡便に、生体内に近い環境での細胞遊走抑制剤の薬剤評価試験を実施することなどが可能になる。
技術概要
多孔膜が組み込まれたシリコーンゴムの基板内に、遊走性細胞が導入された第1の流路および化学誘引物質が導入された第2の流路を有し、前記第1の流路と前記第2の流路とが少なくとも1つの多孔膜によって隔てられている、細胞遊走アッセイ用マイクロ流体デバイス。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人東洋大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT