膜組み込みマイクロ流体デバイスの製造方法

開放特許情報番号
L2020000631
開放特許情報登録日
2020/3/20
最新更新日
2020/3/20

基本情報

出願番号 特願2018-157270
出願日 2018/8/24
出願人 学校法人 東洋大学
公開番号 特開2020-028962
公開日 2020/2/27
発明の名称 膜組み込みマイクロ流体デバイスの製造方法
技術分野 機械・加工、情報・通信、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 マイクロ流体デバイス
目的 液漏れを起こすデバイス個体が減少し、歩留まりが上昇する膜組み込み型マイクロ流体デバイスの新規製造方法を提供する。
効果 膜組み込みマイクロ流体デバイス、特に垂直膜組み込み型デバイスの製造を、従来と比べて著しく短時間で行うことができ、エネルギー消費およびコストも抑えることができる。
技術概要
マイクロ流路パターンを有するシリコーンゴムの基板に、切込みを入れる工程と、
前記切込みの切込み口が開かれるように前記基板を曲げた状態に保持しながら、前記基板にプラズマ処理またはコロナ放電処理を施す工程と、
前記切込みに多孔膜を挟み込んで切込み面を圧着させる工程と
を含む、膜組み込みマイクロ流体デバイスの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人東洋大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT