セリシン−ヒドロキシアパタイト複合構造体及びその製造方法並びに吸着材及び水浄化剤

開放特許情報番号
L2020000601
開放特許情報登録日
2020/3/18
最新更新日
2020/3/18

基本情報

出願番号 特願2016-161188
出願日 2016/8/19
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2018-027922
公開日 2018/2/22
発明の名称 セリシン−ヒドロキシアパタイト複合構造体及びその製造方法並びに吸着材及び水浄化剤
技術分野 有機材料、機械・加工、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 有機−無機複合構造体
目的 生糸製造の際の副産物として充分に利用が進んでいなかったセリシンを使用して、複雑なナノ構造を有するセリシン−ヒドロキシアパタイト(hydroxyapatite、HAP)複合構造体(以下、セリシン−HAP複合花状構造体、あるいは単に複合花状構造体とも称する)を提供する。
効果 表面積が非常に大きい複合構造体を簡単に作製することができる。
その表面積が大きいことからPb(II)、Cd(II)、Hg(II)等の重金属イオンや有害な色素類などを良く吸着するため、水浄化剤として有用である。
技術概要
複数のセリシン−ヒドロキシアパタイト複合ナノシートを有し、
前記複数のナノシートが中心部から互いに異なる方向に伸びるように前記中心部で結合されたセリシン−ヒドロキシアパタイト複合構造体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT