層状珪酸塩粉粒体及びその製造方法

開放特許情報番号
L2020000592
開放特許情報登録日
2020/3/16
最新更新日
2020/3/16

基本情報

出願番号 特願2018-539634
出願日 2017/9/4
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 WO2018/051826
公開日 2018/3/22
登録番号 特許第6647575号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 層状珪酸塩粉粒体及びその製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 表面中央に開口部または凹部を有する扁平粒子を含有する層状珪酸塩粉粒体
目的 表面中央に開口部または凹部を有する層状珪酸塩の扁平粒子を製造することによって、クロマトグラフィー、化粧品、触媒、医薬品(生物活性剤保護、ドラッグデリバリーなど)、顔料、コーティング材料などに有用な機能性粉粒体を提供する。
効果 得られる扁平粒子は、クロマトグラフィー、ドラッグデリバリー、触媒、生物活性剤保護、顔料、及びコーティング用の機能性粉末に使用できる。
また、本発明の層状珪酸塩粉粒体の製造方法によれば、遠心盤上に層状珪酸塩とレオロジー調節剤を含む懸濁液を噴霧して吹き付け、遠心盤の回転数を調節することで、効率的に粒度分布を制御した扁平粒子を製造することができる。
技術概要
蒸発噴霧乾燥により形成される層状珪酸塩と該層状珪酸塩の結晶端面を修飾するレオロジー調節剤からなり、表面中央に開口部または凹部を有する扁平粒子を含有する層状珪酸塩粉粒体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT