等価回路推定方法

開放特許情報番号
L2020000589
開放特許情報登録日
2020/3/16
最新更新日
2020/3/16

基本情報

出願番号 特願2016-190682
出願日 2016/9/29
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2018-055402
公開日 2018/4/5
発明の名称 等価回路推定方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 実験により得られた電気化学インピーダンス・スペクトルから簡便に適切な等価回路を推定する方法
目的 電気化学インピーダンス・スペクトルに基づいて、利用者の知識や判断をできるだけ必要とすることなく適切な等価回路を推定する。
効果 利用者に多くの知識や経験を求めることなく、電気化学インピーダンス・スペクトルの測定結果からその等価回路を推定することができる。
技術概要
インピーダンス・スペクトルを対数周波数軸上で等間隔に区分し、区分の端点のインピーダンスから夫々R//C、R//L等の等価回路要素を先ず割り当てる。これらの要素を直列接続した初期近似等価回路を、各要素中の抵抗成分を正値に拘束されたパラメーターとして実際のインピーダンス・スペクトルに対してフィッティングする。次に、各要素中の全ての成分を拘束条件なしでフィッティングし、その結果から、パラメーターが負になった要素を削除することなどにより、余分な要素の削除を行う。その後、全ての成分を正値に拘束して再度フィッティングを行う。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT