組立家屋

開放特許情報番号
L2020000577
開放特許情報登録日
2020/3/13
最新更新日
2020/3/13

基本情報

出願番号 特願2012-091265
出願日 2012/4/12
出願人 株式会社アーク
公開番号 特開2013-221242
公開日 2013/10/28
登録番号 特許第5696088号
特許権者 有限会社INTER ARRK
発明の名称 組立家屋
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 現地で簡単に組み立てることができるようにした組立家屋
目的 飛躍的にバリエーションを増やすことができ、複数戸を並べて建築する場合にも画一的な間取りの組立家屋が並ぶことがなく、居住者において大きな満足感を与えることができる組立家屋を提供する。
効果 フロアのレイアウトはもちろん、ドアや窓等の開口部のレイアウトにおいてもその配置を変更したり、表面・裏面もしくは上下を反転させることができるので、フロアのレイアウトのみならずドアや窓等の開口部のレイアウトにおいても飛躍的にバリエーションを増やすことができ、複数戸を並べて建築する場合にも画一的な間取りの組立家屋が並ぶことがなく、居住者において大きな満足感を与えることができる組立家屋を提供できるようになった。
技術概要
矩形の床部材と、床部材の4周に立ち上げたそれぞれ長短一対ずつの外壁部材と、床部材を仕切る位置に取り付けた内壁部材と、外壁部材の上に取り付けた山形断面の屋根部材とを備えた組立家屋であって、
床部材は、複数の矩形の床部材パネルを連結して構成されており、
床部材の4周に立ち上げた外壁部材は、長尺の外壁部材は少なくとも3つに分割された複数の外壁部材パネルを連結し、短尺の外壁部材は少なくとも2つに分割された複数の外壁部材パネルを連結して構成され、表面・裏面もしくは上下を反転できるパネル構成となっており、
床部材を仕切る位置に取り付けた内壁部材は、一対の第1の内壁部材パネルと、一対の第2の内壁部材パネルとで構成され、かつ表面・裏面もしくは上下を反転できるパネル構成となっており、
屋根部材は少なくとも山形の両側にそれぞれ分割される一対の屋根部材パネルを連結して構成されており、
複数の外壁部材パネルと第1および第2内壁部材パネルのそれぞれの位置を変え、あるいは表面・裏面もしくは上下を反転させることによって、ドアおよび窓の位置の変更と、間取りの変更とを可能としたことを特徴とする組立家屋。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社アーク

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT