蛍光体、その製造方法、その発光器具およびその紫外線利用装置

開放特許情報番号
L2020000572
開放特許情報登録日
2020/3/13
最新更新日
2020/3/13

基本情報

出願番号 特願2016-230632
出願日 2016/11/28
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2018-087278
公開日 2018/6/7
発明の名称 蛍光体、その製造方法、その発光器具およびその紫外線利用装置
技術分野 化学・薬品、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 電子線励起により紫外線を発光する蛍光体、その製造方法、発光器具および紫外線利用装置
目的 励起源と蛍光体を組み合わせた蛍光ランプにおいて、水銀を利用せずに効率的に紫外線発光を得ることができる蛍光体、その製造方法およびその用途を提供する。
効果 六方晶窒化ホウ素結晶に少なくともA元素(A元素は炭素および/またはケイ素である)を含有することにより、290nm以上350nm未満の範囲の波長に発光ピークを持つ紫外線を発光する。さらに、発光器具は電子線源と蛍光体とを備え、290nm以上350nm未満の範囲の波長に発光ピークを持つ紫外線を発光する。さらに、発光器具を具備することにより、紫外線利用装置を構成することができる。蛍光体の組成を変更することで発光強度の調節、発光波長の調節が可能である。
技術概要
六方晶窒化ホウ素結晶に少なくともA元素(ただし、A元素は、炭素および/またはケイ素である)を含み、励起源を照射することにより、290nm以上350nm未満の範囲の波長に発光ピークを持つ蛍光を発光する、蛍光体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT