ダイヤモンドアンビルセル及びこれを用いた高圧物性測定装置

開放特許情報番号
L2020000559
開放特許情報登録日
2020/3/13
最新更新日
2020/3/13

基本情報

出願番号 特願2017-019915
出願日 2017/2/6
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2018-128286
公開日 2018/8/16
発明の名称 ダイヤモンドアンビルセル及びこれを用いた高圧物性測定装置
技術分野 情報・通信、化学・薬品、無機材料
機能 機械・部品の製造
適用製品 ダイヤモンドアンビルセル
目的 微小空間であるダイヤモンドアンビルセル内に被測定試料を取り付けて、電気的物性が容易に測定できるダイヤモンドアンビルセルを提供する。
効果 一対のダイヤモンドアンビルの一方において電気的物性の被測定試料の接触面に、ホウ素ドープダイヤモンド薄膜により電極パターンが形成されているので、高圧を当該接触面に発生させても、電極パターンの変形がなく、加圧途中での断線やサンプルとの接点の破断を防止でき、高圧状況下での材料物性測定が簡便に行える。
技術概要
一組のダイヤモンドアンビルの対向平面部を突き合わせて被測定試料に高圧を印加するダイヤモンドアンビルセルであって、
一方のダイヤモンドアンビルの、少なくとも前記被測定試料の接触面となる前記平面部に、ホウ素ドープダイヤモンド薄膜により電極パターンを形成すると共に、
当該電極パターンを覆うように絶縁層を形成することを特徴とするダイヤモンドアンビルセル。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT