光触媒およびその使用方法

開放特許情報番号
L2020000543
開放特許情報登録日
2020/3/11
最新更新日
2020/3/11

基本情報

出願番号 特願2017-076377
出願日 2017/4/7
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2018-176036
公開日 2018/11/15
発明の名称 光触媒およびその使用方法
技術分野 機械・加工、化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 有機金属構造体からなる光触媒とその使用方法
目的 可視光から赤外光に対しより高い効率で、有機物を二酸化炭素を含む炭素含有物質にまで酸化分解できる光触媒を提供する。また、可視光から赤外光に対しより高い効率で、有機物を、二酸化炭素を含む炭素含有物質あるいは二酸化炭素にまで酸化分解できる光触媒の使用方法を提供する。
効果 可視光から赤外光を含む幅広い波長域の光により高い効率で、有害な有機物を含む有機物を、二酸化炭素または二酸化炭素を含む炭素含有物質にまで酸化分解できる光触媒、およびその使用方法を提供することができる。
技術概要
金属化合物クラスターと金属ポルフィリンを含む金属有機構造体であって、
前記金属ポルフィリンは前記金属化合物クラスターの架橋配位子になっている、光触媒。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT