シンチレータ材料、その製造方法、X線・放射線検出器およびX線・放射線撮像装置

開放特許情報番号
L2020000485
開放特許情報登録日
2020/3/4
最新更新日
2020/3/4

基本情報

出願番号 特願2018-000030
出願日 2018/1/4
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2019-119798
公開日 2019/7/22
発明の名称 シンチレータ材料、その製造方法、X線・放射線検出器およびX線・放射線撮像装置
技術分野 化学・薬品、情報・通信
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 シンチレータ材料、その製造方法、X線・放射線検出器およびX線・放射線撮像装置
目的 X線や放射線を可視光に変換して検出・計数することのできる水酸化炭酸ランタンを用いたシンチレータ材料、その製造方法、X線・放射線検出器およびX線・放射線撮像装置を提供する。
効果 発光波長に対する感度を有する光検出器や撮像手段と組み合わせることによって、X線・放射線検出器やX線・放射線撮像装置等を提供できる。
技術概要
水酸化炭酸ランタンを含有するシンチレータ材料であって、
前記水酸化炭酸ランタンは、六方晶の結晶構造を有し、
前記水酸化炭酸ランタンには、ランタニドイオンがドープされており、
励起源の照射によって励起され、可視光領域に発光ピークを有する光を発する、シンチレータ材料。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT