形状記憶合金薄膜アクチュエータ基板

開放特許情報番号
L2020000466
開放特許情報登録日
2020/3/2
最新更新日
2020/3/2

基本情報

出願番号 特願2019-131573
出願日 2019/7/17
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2019-199876
公開日 2019/11/21
発明の名称 形状記憶合金薄膜アクチュエータ基板
技術分野 機械・加工、情報・通信、生活・文化
機能 材料・素材の製造
適用製品 小型カメラモジュール、特に携帯電話用カメラモジュールのオートフォーカスあるいは手振れ補正の駆動機構に用いて好適な、形状記憶合金薄膜アクチュエータ
目的 極薄型で、高応答性かつ発生力が大きいオートフォーカス機構と手振れ補正機構、及びそれを使ったカメラユニットを提供する。
効果 本発明の形状記憶合金薄膜アクチュエータ基板によれば、光軸に垂直な方向にレンズの位置を変えることができる(オートフォーカス機能)。さらに個々のアクチュエータを独立して動かせば、光軸方向から傾ける(手振れ補正機構)こともできる。
技術概要
移動対象物を保持した略多角形板状の可動部と、前記可動部よりも大きい開口部を有する略多角形形状の固定枠とが、形状記憶合金薄膜のみで連結され、
前記形状記憶合金薄膜は、前記可動部及び前記固定枠の2つの多角形の隙間の空間に位置すると共に、前記可動部の多角形の辺及び前記固定枠の多角形の辺に平行な状態で、前記固定枠の多角形の一辺に沿って延びた直線形状を有していることを特徴とする形状記憶合金薄膜アクチュエータ基板。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT