触媒、触媒の製造方法、触媒担持担体、分解方法、水素の製造方法、及び、担体

開放特許情報番号
L2020000456
開放特許情報登録日
2020/3/2
最新更新日
2020/3/2

基本情報

出願番号 特願2018-141396
出願日 2018/7/27
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2020-015020
公開日 2020/1/30
発明の名称 触媒、触媒の製造方法、触媒担持担体、分解方法、水素の製造方法、及び、担体
技術分野 機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 触媒、触媒の製造方法、触媒担持担体、分解方法、水素の製造方法、及び、担体
目的 大きな熱エネルギーを付与せずとも、触媒表面に吸着された化学種を光照射によって還元し、所望の生成物を選択的に得る反応を起こすことができる触媒を提供する。また、触媒の製造方法、触媒担持担体、分解方法、水素の製造方法、及び、担体も提供する。
効果 大きな熱エネルギーを付与せずとも、触媒表面に吸着された化学種を光照射によって還元し、所望の生成物を選択的に得る反応を起こすことができる触媒を提供することができる。また、触媒の製造方法、及び、水素の製造方法も提供できる。
技術概要
被処理物に由来して、少なくともその表面に吸着された化学種を、光照射によって還元して生成物を得るための触媒であって、
前記触媒は、第1金属原子を含有する第1材料に、第2金属原子がドープされてなり、
前記第1金属原子を含有する第1材料の非占準位バンドAに対し、
前記第2金属原子由来の非占準位バンドB、及び、前記化学種の非占準位バンドCの少なくとも一部が重複する領域を有する、触媒。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT