穴のある対象物用の把持装置

開放特許情報番号
L2020000430
開放特許情報登録日
2020/2/26
最新更新日
2021/4/20

基本情報

出願番号 特願2019-169134
出願日 2019/9/18
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2021-045815
公開日 2021/3/25
発明の名称 穴のある対象物用の把持装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 穴のある対象物をピックアップする把持部と、該把持部を作動させる駆動部が搭載された基体と、把持部が保持された状態に連結する連結部とを備える穴のある対象物用の把持装置
目的 小型で扁平形状であり穴(多様な穴の大きさ)が開いている物体を器用に把持する、また、ある程度姿勢が傾いていても装置のもつ柔軟性によって姿勢を吸収し把持を行えるといった、穴のある対象物用の把持装置を提供する。
効果 小型で扁平形状であり穴(多様な穴の大きさ)が開いている物体を器用に把持することができるという特別有利な効果を奏する。
技術概要
穴のある対象物をピックアップする把持部と、該把持部を作動させる駆動部が搭載された基体と、該基体に前記把持部が保持された状態に連結する連結部とを備える穴のある対象物用の把持装置であって、
前記把持部には、
前記対象物に平面的に接触する接触面を有し、前記連結部を介して前記基体によって保持される面接触部と、
該面接触部の中央部に前記接触面に対して実質的に直交する軸方向に所要の長さを備えて一体的に配された状態に設けられていると共に、前記穴に進入できるように、前記面接触部の中央部から先端側へ突起した形状の中央突起部が設けられている部位であって、該部位の後端面から前記中央突起部の周側面へ開口するように曲線的に曲がった部分を含む通路状に穿設された複数のガイド孔が設けられた射出経路部と、
柔軟性のある部材によって設けられ、前記複数のガイド孔に前記射出経路部の後端面の側の開口から挿入され、前記中央突起部の周側面の開口から射出できる複数の射出部材とが備えられていることを特徴とする穴のある対象物用の把持装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はそのときの状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT