大規模単一磁束量子論理回路

開放特許情報番号
L2020000385
開放特許情報登録日
2020/2/24
最新更新日
2020/2/24

基本情報

出願番号 特願2005-291605
出願日 2005/10/4
出願人 国立大学法人横浜国立大学
公開番号 特開2007-104332
公開日 2007/4/19
登録番号 特許第4769938号
特許権者 国立大学法人横浜国立大学
発明の名称 大規模単一磁束量子論理回路
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 大規模単一磁束量子論理回路
目的 大規模単一磁束量子論理回路を正常動作させる。また、大規模単一磁束量子論理回路において、磁気シールドや差動電流供給によっても解決されない外部磁場の影響を低減する。
効果 規模単一磁束量子論理回路を正常動作させることができる。大規模単一磁束量子論理回路において、磁気シールドや差動電流供給によっても解決されない外部磁場の影響を低減することができる。
技術概要
複数の単一磁束量子(SFQ)を情報担体とする大規模単一磁束量子論理回路において、
当該大規模単一磁束量子論理回路は、
分割された複数の回路ブロックと、前記回路ブロック間を接続する接続ブロックとを備え、
前記各回路ブロックは、単一磁束量子(SFQ)を用いた論理回路を複数有すると共に、回路ブロック内の電流を超伝導電流とし、
前記接続ブロックは、前記回路ブロック間を抵抗接続して各回路ブロック間の超伝導電流を分断し、
前記回路ブロックを単位とする超伝導ループを形成することを特徴とする、大規模単一磁束量子論理回路。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT