シングルキャリア変調方法、およびシングルキャリア変調装置

開放特許情報番号
L2020000358
開放特許情報登録日
2020/2/17
最新更新日
2020/2/17

基本情報

出願番号 特願2006-170743
出願日 2006/6/20
出願人 国立大学法人横浜国立大学
公開番号 特開2008-005067
公開日 2008/1/10
登録番号 特許第4882066号
特許権者 国立大学法人横浜国立大学
発明の名称 シングルキャリア変調方法、およびシングルキャリア変調装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 トレリスシェイピングによりシングルキャリアをQAM変調するシングルキャリア変調
目的 シングルキャリアをQAM変調するシングルキャリア変調において適切なメトリックを定める。シェイピングを行うことにより生じる誤り率特性の劣化を抑制する。
効果 シングルキャリアをQAM変調するシングルキャリア変調において、経験則によらず系統的なメトリックを定めることができる。
技術概要
トレリスシェイピングによりシングルキャリアを多値PSK変調するシングルキャリア変調方法であり、
入力信号をトレリスシェイピングして得られる出力信号の上限電力としてリミッタを設定し、
前記リミッタを超える入力信号については当該入力信号の電力値をメトリック値として定め、
前記リミッタ以下の入力信号については0の値をメトリック値として定めることによって、入力信号のシンボルに付与するメトリック値を入力信号の電力値に応じて定め、
前記リミッタを超えるメトリック値のシンボルの出現確率を抑制してピーク電力を低減することを特徴とするシングルキャリア変調方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT