チタノシリケート及びその製法

開放特許情報番号
L2020000356
開放特許情報登録日
2020/2/17
最新更新日
2020/2/17

基本情報

出願番号 特願2006-226279
出願日 2006/8/23
出願人 国立大学法人横浜国立大学
公開番号 特開2008-050186
公開日 2008/3/6
登録番号 特許第4923248号
特許権者 国立大学法人横浜国立大学
発明の名称 チタノシリケート及びその製法
技術分野 化学・薬品、無機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 アルミノシリケートMCM−68の骨格を有するチタノシリケート
目的 アルミノシリケートMCM−68のAlをTiに置き換えることにより、チタンシリカライトTS−1と同等又はそれ以上の触媒性能を持つチタノシリケートを合成する。
効果 アルミノシリケートMCM−68のAlを全てTiに置き換えることは可能である。
技術概要
組成式
H↓(4n−3m−4l)Ti↓lAl↓mSi↓(112−n)O↓224
(式中、lは1.11〜12、mは0〜0.74、nは7〜12、但し、l+m≦nである。)で表され、Si/Tiが100以下かつSi/Alが150以上であり、下記の値
2θ=6.50±0.10、6.80±0.10、8.10±0.10、8.72±0.10、9.64±0.10、19.40±0.10、21.70±0.10、22.56±0.10、23.08±0.10
を含むX線回折パターンを示すチタノシリケート。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT