二重空気膜構造

開放特許情報番号
L2020000348
開放特許情報登録日
2020/2/17
最新更新日
2020/2/17

基本情報

出願番号 特願2006-301011
出願日 2006/11/6
出願人 国立大学法人横浜国立大学
公開番号 特開2008-115633
公開日 2008/5/22
登録番号 特許第5034044号
特許権者 国立大学法人横浜国立大学
発明の名称 二重空気膜構造
技術分野 土木・建築
機能 材料・素材の製造
適用製品 二重空気膜構造
目的 風圧等の短期荷重に対する二重空気膜構造の剛性を向上するとともに、送風機等の維持・管理費の高額化、膜の爆裂現象、補強の必要性等の二重空気膜構造特有の課題を解消する。
効果 風圧等の短期荷重に対する二重空気膜構造の剛性を向上するとともに、送風機等の維持・管理費の高額化、膜の爆裂現象、補強の必要性等の二重空気膜構造特有の課題を解消することができる。
技術概要
第1及び第2の可撓性膜の間に作用する空気圧を維持して形状を保持する二重空気膜構造において、
気密性を有する前記可撓性膜の間に形成された膜間領域に多数のコアを収容し、前記膜間領域を減圧し、前記コア及び可撓性膜を密着させるとともに、前記コア同士を互いに密着させた構造を有し、
前記コアは、流体、流動物質又は粘性物質を可撓性外皮内に封入した球体からなり、外力に対する変形能を有することを特徴とする二重空気膜構造。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT