汚水処理方法

開放特許情報番号
L2020000342
開放特許情報登録日
2020/2/14
最新更新日
2020/2/14

基本情報

出願番号 特願2003-195326
出願日 2003/7/10
出願人 前澤工業株式会社
公開番号 特開2005-028266
公開日 2005/2/3
登録番号 特許第4298405号
特許権者 前澤工業株式会社
発明の名称 汚水処理方法
技術分野 化学・薬品
機能 検査・検出、環境・リサイクル対策
適用製品 生物学的に有機物、窒素およびリンを同時除去する汚水処理方法
目的 嫌気槽内の嫌気状態を安定的に保持すると共に、汚水浄化の処理性を高めることのできる汚水処理方法を提供する。
効果 汚泥沈殿池からの返送汚泥を直接嫌気槽内に送り込む従来の汚水処理設備に比し、嫌気槽内の嫌気状態を安定化させることができ、リン放出効率の向上が図れる。また、既設の最初沈殿池を嫌気槽として利用すれば、施設の改造に伴うコスト、設備稼働の復旧にかかる時間等の面からも大変有効である。
技術概要
流入原水を嫌気槽、無酸素槽、好気槽、沈殿槽の順番に流動させ、前記沈殿槽に堆積する汚泥を前記無酸素槽に返送すると共に、前記無酸素槽内の汚泥の一部を前記嫌気槽に返送して嫌気槽と無酸素槽の間で循環させることにより、原水中の有機物、窒素およびリンを生物学的に同時除去する汚水処理方法であって、
流入原水の量が所定量以内の通常の汚水処理時には前記嫌気槽内を攪拌し、流入原水の量が前記所定量を超えた時には前記嫌気槽内の攪拌を停止することを特徴とする汚水処理方法。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 前澤工業株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT