β−ガラクトシダーゼ

開放特許情報番号
L2020000337
開放特許情報登録日
2020/2/14
最新更新日
2020/2/14

基本情報

出願番号 特願2016-087956
出願日 2016/4/26
出願人 国立大学法人 和歌山大学
公開番号 特開2017-195793
公開日 2017/11/2
発明の名称 β−ガラクトシダーゼ
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 β−ガラクトシダーゼ
目的 Galβ(1→3)結合に対する切断活性が特異的に高いβ−ガラクトシダーゼを提供する。また、N−アセチルラクトサミンやラクト−N−ビオース等のガラクトオリゴ糖を、簡便且つ効率的に合成できる酵素を提供する。
効果 Galβ(1→3)結合を特異的に切断することができる。このような酵素は今まで知られていないことから、この酵素を用いることにより、従来では解析が困難(又は不可能)であった糖鎖構造の解析が容易(又は可能)になる。
N−アセチルラクトサミン、ラクト−N−ビオース、Galβ(1→3) GalNAc等のガラクトオリゴ糖(特に、ラクト−N−ビオース)を、簡便且つ効率的に合成することができる。
技術概要
下記(a)〜(e)の特性を有するβ−ガラクトシダーゼ:
(a)バシラス属に属する細菌により産生される。
(b)Galβ(1→3)結合の切断活性が、Galβ(1→4)結合の切断活性及びGalβ(1→6)結合の切断活性の10倍以上である。
(c)SDS−PAGEで測定される分子量が35〜43kDaである。
(d)至適pHがpH5〜10である。
(e)至適温度が40〜60℃である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT