抗ウイルス剤

開放特許情報番号
L2020000333
開放特許情報登録日
2020/2/14
最新更新日
2020/2/14

基本情報

出願番号 特願2017-139145
出願日 2017/7/18
出願人 国立大学法人 和歌山大学
公開番号 特開2019-019085
公開日 2019/2/7
発明の名称 抗ウイルス剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 抗ウイルス剤
目的 生体に対する安全性がより高い抗ウイルス成分を提供する。
効果 生体に対する安全性がより高い、抗ウイルス剤を提供することができる。ナマコ及び/又はアメフラシを原料とすることにより、ウイルス不活化効果がより高いプロテオグリカン含有抽出物、及びその糖鎖−ペプチド間分離物を提供することができ、さらにこれらを用いた抗ウイルス剤、抗ウイルス用繊維、抗ウイルス用繊維製品等を提供することができる。
技術概要
プロテオグリカン、ムコ多糖、及びプロテオグリカンの糖鎖−ペプチド間分離物からなる群より選択される少なくとも1種を含有する、抗ウイルス剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT