符号化変調システムおよび受信装置ならびに符号化変調方法および復号方法

開放特許情報番号
L2020000326
開放特許情報登録日
2020/2/10
最新更新日
2020/2/10

基本情報

出願番号 特願2007-179777
出願日 2007/7/9
出願人 国立大学法人横浜国立大学
公開番号 特開2008-154202
公開日 2008/7/3
登録番号 特許第4883582号
特許権者 国立大学法人横浜国立大学
発明の名称 符号化変調システムおよび受信装置ならびに符号化変調方法および復号方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 トレリスシェイピングを使用したシングルキャリア変調
目的 このリミッタ法の概念に基づいて波形整形フィルタ以降の出力信号波形の瞬時ピークが一定包絡線に近づくような符号語を選択可能なメトリックを提案する。さらに、このメトリックを用いて瞬時ピーク電力を低減させたシングルキャリア変調方法および変調装置を提供する。
効果 波形整形フィルタのロールオフ率を小さくしても送信信号のダイナミックレンジを小さく抑えることが可能である。周波数利用効率および電力付加効率が共に優れたシングルキャリア変調システムの実装が可能である。
技術概要
瞬時ピーク電力を抑圧するために、波形整形フィルタ出力点における連続的なI信号およびQ信号から部分波形を求める。部分波形は、複数の連続するシンボルを考慮して決定される。部分波形とリミッタしきい値との差分に基づいてメトリック値を付与し、このメトリックを最小とするパスに対応する送信シンボルを決定する。また、トレリスシェイピングをマルコフ過程とみなし、新規なトレリスに基づいて、軟判定復号処理を利用した反復復号方法を提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT