マグネタイトナノ微粒子の製造方法

開放特許情報番号
L2020000313
開放特許情報登録日
2020/2/10
最新更新日
2020/2/10

基本情報

出願番号 特願2010-109165
出願日 2010/5/11
出願人 国立大学法人横浜国立大学
公開番号 特開2011-236086
公開日 2011/11/24
登録番号 特許第5670094号
特許権者 国立大学法人横浜国立大学
発明の名称 マグネタイトナノ微粒子の製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 アモルファスSiO↓2に包含されたマグネタイトナノ微粒子の製造方法
目的 アモルファスSiO↓2に包含されたマグネタイトナノ微粒子を安定して製造する方法を提供する。
効果 アモルファスSiO↓2に包含されたマグネタイトナノ微粒子を安定して製造することができる。
技術概要
メタ珪酸ナトリウムを含むアルカリ水溶液と、2価鉄イオン及びC↓6H↓8O↓6からなる還元剤を含む2価鉄イオン水溶液とを混合し、2価の水酸化鉄からなるコアと、該コアを覆うアモルファスSiO↓2からなるシェルを有する水酸化鉄微粒子を生成させる水酸化鉄微粒子生成工程と、
前記水酸化鉄微粒子を不活性ガス雰囲気下で600〜1100℃で焼成し、前記シェルに覆われたマグネタイトナノ微粒子を生成する工程と、
を有するマグネタイトナノ微粒子の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT