遺伝性乳癌卵巣癌症候群の治療薬のスクリーニング方法

開放特許情報番号
L2020000261
開放特許情報登録日
2020/2/14
最新更新日
2020/2/14

基本情報

出願番号 特願2018-077857
出願日 2018/4/13
出願人 国立大学法人東京工業大学
公開番号 特開2019-184500
公開日 2019/10/24
発明の名称 遺伝性乳癌卵巣癌症候群の治療薬のスクリーニング方法
技術分野 情報・通信、食品・バイオ、有機材料
機能 検査・検出
適用製品 遺伝性乳癌卵巣癌症候群の治療薬のスクリーニング方法
目的 遺伝性乳癌卵巣癌症候群の治療薬をスクリーニングする技術を提供する。
効果 遺伝性乳癌卵巣癌症候群の治療薬をスクリーニングする技術を提供することができる。
技術概要
遺伝性乳癌卵巣癌症候群の治療薬のスクリーニング方法であって、
被験物質の存在下及び非存在下で、クリプトコッカス属菌のBRH2遺伝子欠損株及び野生型株をそれぞれ培養することと、
前記被験物質の存在下における前記BRH2遺伝子欠損株及び野生型株の生存率をそれぞれ測定することと、を含み、
前記BRH2遺伝子欠損株の生存率が、前記野生型株の生存率と比較して低いことが、前記被験物質が遺伝性乳癌卵巣癌症候群の治療薬であることを示す、スクリーニング方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT