マイクロ流路乳化デバイス

開放特許情報番号
L2020000260
開放特許情報登録日
2020/2/14
最新更新日
2020/2/14

基本情報

出願番号 特願2018-036016
出願日 2018/2/28
出願人 国立大学法人東京工業大学
公開番号 特開2019-150748
公開日 2019/9/12
発明の名称 マイクロ流路乳化デバイス
技術分野 機械・加工、食品・バイオ
機能 機械・部品の製造
適用製品 マイクロ流路を用いたマイクロ流路乳化デバイス
目的 マイクロ流路乳化デバイスに応力を加えて弾性変形させることにより、マイクロ流路ノズルの幾何形状・サイズを変化させて、液滴または気泡のサイズの制御を行うマイクロ流路乳化デバイスを提供する。
効果 液滴または気泡サイズを制御し得るマイクロ流路乳化デバイスを提供し得る。
技術概要
段差部で生じる界面張力の勾配を液滴または気泡の生成の駆動力とするマイクロ流路乳化デバイスであり、
該マイクロ流路乳化デバイスは、弾性変形可能な材料により作製されており、
段差付きのマイクロ流路ノズルアレイ、分散相供給流路、および連続相供給・生成物回収用流路からなり、
該マイクロ流路ノズルアレイは、該分散相供給流路、および連続相供給・生成物回収用流路に接続されており、
供給された分散相がマイクロ流路ノズルを通過して連続相中に押し出される際に、マイクロ流路ノズルの出口側に段差があり、その先端で界面張力の勾配により液滴または気泡が生成するように構成され、ならびに
該マイクロ流路乳化デバイスに応力を加えて弾性変形させることにより、該マイクロ流路ノズルの三次元形状を変化させて、液滴または気泡のサイズの制御を行うように構成されてなることを特徴とするマイクロ流路乳化デバイス。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT