把持方法及び装置

開放特許情報番号
L2020000258
開放特許情報登録日
2020/2/14
最新更新日
2020/2/14

基本情報

出願番号 特願2018-108624
出願日 2018/6/6
出願人 国立大学法人東京工業大学
公開番号 特開2019-209441
公開日 2019/12/12
発明の名称 把持方法及び装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 把持方法及び把持装置
目的 多関節のような複雑な把持機構を用いずに、弾性索を多方向からオブジェクトに巻き付けて拘束することによって、種々のオブジェクト(不定形のオブジェクトを含む)を損ねることなく、確実にかつ安定して、把持(拘束)できる把持方法及び装置を提供する。
効果 弾性索を多方向からオブジェクトに巻き付けて拘束することによって、オブジェクトを損ねることなく、確実にかつ安定して把持(拘束)ができる。また、オブジェクトが不定形であっても、把持することができる。
技術概要
把持対象物を把持する把持方法であって、
弾性索は3本以上であり、
第1の支持部は、前記弾性索の一端を固定し、
第2の支持部は、前記弾性索の他端を固定し、
前記弾性索の集合体によって囲まれた空間の内側に、前記把持対象物を配置し、
制御部は、前記第1の支持部と前記第2の支持部とを相対的に変位させることによって、前記空間の形状を制御し、
前記形状が前記把持対象物の表面に沿って変形し、該変形によって生じる把持力により前記把持対象物を把持することを特徴とする把持方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT