ワイヤーグリッド、及びワイヤーグリッドの製造方法

開放特許情報番号
L2020000255
開放特許情報登録日
2020/2/4
最新更新日
2020/2/4

基本情報

出願番号 特願2016-169888
出願日 2016/8/31
出願人 公立大学法人大阪
公開番号 特開2018-036517
公開日 2018/3/8
発明の名称 ワイヤーグリッド、及びワイヤーグリッドの製造方法
技術分野 情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 入射波としてのテラヘルツ波の偏光を制御するワイヤーグリッド、及びワイヤーグリッドの製造方法
目的 複数のワイヤーグリッド部を有するとともに、容易に製造できるワイヤーグリッド、及びワイヤーグリッドの製造方法を提供する。
効果 複数のワイヤーグリッド部を有するワイヤーグリッドを容易に製造できる。
技術概要
入射波としてのテラヘルツ波の偏光を制御するワイヤーグリッドであって、
複数の第1ワイヤーを含む第1ワイヤーグリッド部と、
複数の第2ワイヤーを含む第2ワイヤーグリッド部と、
前記第1ワイヤーグリッド部と前記第2ワイヤーグリッド部との間に配置される一対のスペーサーと
を備え、
前記複数の第1ワイヤーは、前記テラヘルツ波の波長よりも短い所定間隔で一方向に沿って配列され、
前記複数の第2ワイヤーは、前記所定間隔で前記一方向に沿って配列され、
前記第1ワイヤーと前記第2ワイヤーとは交互に位置し、
前記一対のスペーサーは、前記一方向に沿って延びており、前記一方向に交差する方向に沿って互いに間隔をあけて配置される、ワイヤーグリッド。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪市立大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT