原位置岩盤試験方法及び試験装置

開放特許情報番号
L2020000210
開放特許情報登録日
2020/1/29
最新更新日
2020/1/29

基本情報

出願番号 特願2013-148114
出願日 2013/7/17
出願人 国立大学法人横浜国立大学
公開番号 特開2015-021767
公開日 2015/2/2
登録番号 特許第6112663号
特許権者 国立大学法人横浜国立大学
発明の名称 原位置岩盤試験方法及び試験装置
技術分野 情報・通信、土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 原位置岩盤試験方法及び試験装置
目的 異方性を有する岩盤の変形特性及び強度特性を単純剪断モードの原位置載荷試験により比較的容易且つ短時間に調べ又は特定することができる原位置岩盤試験方法及び試験装置を提供する。
効果 異方性を有する岩盤の変形特性及び強度特性を単純剪断モードの原位置載荷試験により比較的容易且つ短時間に調べ又は特定することができる。
技術概要
岩盤の露頭部又はボーリング孔の孔底部分を掘削又は削孔して中空円筒状の試験体を原位置に成形し、該試験体に荷重を載荷して試験体の変形特性及び強度特性を調べ又は特定する原位置岩盤試験方法において、
直応力及び剪断応力を計測する計測手段を有するキャップ又は蓋体を前記試験体の頂部又は上端部に配置し、
前記試験体の中心軸線方向の軸荷重と、前記試験体の中心軸線廻りのモーメントとを前記キャップ又は蓋体に同時に載荷することにより、該キャップを介して軸荷重及びモーメントを前記試験体に作用せしめ、
前記キャップ又は蓋体と前記試験体の頂面又は上面との境界に作用する直応力及び剪断応力を前記計測手段によって検出するとともに、直応力及び剪断応力の円周方向の分布を求めることにより、岩盤の変形特性及び強度特性を調べ又は特定することを特徴とする原位置岩盤試験方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT