光制御素子及びこれを用いる量子デバイス

開放特許情報番号
L2020000208
開放特許情報登録日
2020/1/29
最新更新日
2020/1/29

基本情報

出願番号 特願2013-166708
出願日 2013/8/9
出願人 国立大学法人横浜国立大学
公開番号 特開2015-034934
公開日 2015/2/19
登録番号 特許第6229228号
特許権者 国立大学法人横浜国立大学
発明の名称 光制御素子及びこれを用いる量子デバイス
技術分野 情報・通信、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 光の偏光状態を制御する光制御素子及びこれを用いる量子デバイス
目的 光制御素子が形成された基板平面と略平行な方向に出射光を出射する光制御素子及びこれを用いる量子デバイスを提供する。
効果 光制御素子が形成された基板平面と略平行な方向に出射光を出射することができる。
技術概要
基板上に形成された光制御素子であって、
キャビティ構造を有する基部と、
前記基部の側面に接続され、入射光を前記基部の内部に導く第1光導波路と、
前記基部内の前記入射光の光路上に設けられた量子ドットと、
前記基部内を通過した入射光を反射する反射部と、
前記基部の側面に接続され、前記反射部にて反射された入射光を前記基部の外部に導く第2光導波路とを備え、
前記基部は、前記入射光の等位相面内の互いに垂直な2方向に対し、異方性を有する形状であり、
前記第1光導波路に、制御光が入射された後、信号光が入射されることにより、制御NOTゲート素子として機能する光制御素子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT