インドリルベンゾチアジアゾール誘導体、インドリルベンゾチアジアゾール誘導体の製造方法及び有機蛍光材料

開放特許情報番号
L2020000168
開放特許情報登録日
2020/1/24
最新更新日
2020/1/24

基本情報

出願番号 特願2015-098511
出願日 2015/5/13
出願人 国立大学法人横浜国立大学
公開番号 特開2016-210753
公開日 2016/12/15
登録番号 特許第6521728号
特許権者 国立大学法人横浜国立大学
発明の名称 インドリルベンゾチアジアゾール誘導体、インドリルベンゾチアジアゾール誘導体の製造方法及び有機蛍光材料
技術分野 有機材料、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 インドリルベンゾチアジアゾール誘導体、インドリルベンゾチアジアゾール誘導体の製造方法及び有機蛍光材料
目的 固体状態で高い蛍光量子収率を示し、外部刺激応答性を示す蛍光性有機分子を提供する。
効果 固体状態で高い蛍光量子収率を示し、外部刺激応答性を示す蛍光性有機分子を提供することができる。
技術概要
下記式(3)で表されるインドリルベンゾチアジアゾール誘導体。

【化1】

(式(3)中、R↑1〜R↑8は、それぞれ、互いに独立して水素原子、ハロゲン原子、ヒドロキシ基、アルコキシ基、アラルキルオキシ基、アリールオキシ基、ニトロ基、アミノ基、
アミド基、カルボキシ基、アルキルオキシカルボニル基、アリールオキシカルボニル基、アルキル基、シクロアルキル基、アラルキル基またはアリール基を示す。)
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT