白金族元素の回収方法

開放特許情報番号
L2020000159
開放特許情報登録日
2020/1/24
最新更新日
2020/8/28

基本情報

出願番号 特願2015-216956
出願日 2015/11/4
出願人 国立大学法人横浜国立大学
公開番号 特開2017-088920
公開日 2017/5/25
登録番号 特許第6730706号
特許権者 国立大学法人横浜国立大学
発明の名称 白金族元素の回収方法
技術分野 金属材料、機械・加工
機能 検査・検出
適用製品 水相から有機相に白金族元素を抽出し、その後有機相から電気化学的手法により白金族元素を回収する方法
目的 高い効率で白金族元素をイオン液体に溶解させ、簡便に回収することが可能な白金族元素の回収方法を提供する。
効果 高い効率で白金族元素をイオン液体に溶解させ、簡便に回収することができる。また、回収を終えた後のイオン液体を再利用することが可能であり、環境負荷を低減する技術として有用である。
技術概要
1種以上の白金族元素を含有する水相から前記白金族元素を選択的に回収する方法であって、
前記1種以上の白金族元素を含有する資源から、酸を使用して、前記1種以上の白金族元素を溶出させ、前記1種以上の白金族元素を含有する水相を調製する溶出工程と、
前記白金族元素のうち少なくとも1種を前記水相から、イオン液体からなる有機相へ選択的に抽出する溶媒抽出工程と、
前記溶媒抽出工程の後、前記有機相を電解浴として電解析出を行うことにより、前記有機相から前記少なくとも1種の白金族金属を回収する電解析出工程と、を有することを特徴とする白金族元素の回収方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT