形状取得装置、目的面形状物製造装置、目的面形状物製造方法およびプログラム

開放特許情報番号
L2020000158
開放特許情報登録日
2020/1/24
最新更新日
2020/1/24

基本情報

出願番号 特願2017-552743
出願日 2016/11/25
出願人 国立大学法人横浜国立大学
公開番号 WO2017/090749
公開日 2017/6/1
登録番号 特許第6331207号
特許権者 国立大学法人横浜国立大学
発明の名称 形状取得装置、目的面形状物製造装置、目的面形状物製造方法およびプログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 形状取得装置、目的面形状物製造装置、目的面形状物製造方法およびプログラム
目的 形成目的の面の部品の形状を平面上に形成する際に生じる誤差を分散させることができる、形状取得装置、目的面形状物製造装置、目的面形状物製造方法およびプログラムを提供する。
効果 形成目的の面の部品の形状を平面上に形成する際に生じる誤差を分散させることができる。
技術概要
形成目的面における複数の最大主曲率線及び複数の最小主曲率線を求める目的面曲率線取得部と、
対応する平面上の領域の形状を示すデータを求める平面上領域取得部と、
を備え、
最大主曲率線部分線に対応する平面上の線である最大主曲率方向対応線、及び、最小主曲率線部分線に対応する平面上の線である最小主曲率方向対応線を求める対応線取得部と、
最大主曲率線部分線及び最小主曲率線部分線に対応する最大主曲率方向対応線及び最小主曲率方向対応線の接続関係を決定する接続関係決定部と、
形成目的面における領域と、その領域に対応する平面上の領域とに基づいて算出した、最大主曲率方向対応線と最小主曲率方向対応線とがなす角度と、最大主曲率方向対応線に対応する最大主曲率線部分線と最小主曲率方向対応線に対応する最小主曲率線部分線とがなす角度との差の2乗の和が最小となるように最大主曲率方向対応線と最小主曲率方向対応線とがなす角度を決定する角度決定部と、
を備える形状取得装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT