超解像装置、超解像方法、およびプログラム

開放特許情報番号
L2020000157
開放特許情報登録日
2020/1/24
最新更新日
2020/1/24

基本情報

出願番号 特願2015-240324
出願日 2015/12/9
出願人 国立大学法人横浜国立大学
公開番号 特開2017-107378
公開日 2017/6/15
発明の名称 超解像装置、超解像方法、およびプログラム
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 入力画像の解像度を高めた出力画像を生成する超解像装置、超解像方法、およびプログラム
目的 原画像に表れない細部の特徴を再現可能な超解像装置、超解像方法、およびプログラムを提供する。
効果 超解像装置は、原画像に近いフラクタル次元数を有する超解像画像を得ることができる。これにより、原画像に表れない細部の特徴が表れる超解像画像を得ることができる。
技術概要
原画像に基づいて、前記原画像より大きく、かつ縮小操作により前記原画像と同じ画像が得られる複数の候補画像を生成する候補生成部と、
前記複数の候補画像のそれぞれのフラクタル次元数、および前記原画像のフラクタル次元数を算出する次元数算出部と、
前記複数の候補画像ごとに、前記候補画像の前記フラクタル次元数と前記原画像の前記フラクタル次元数の差が小さいほど大きい値を示すフラクタル評価値を算出する評価値算出部と、
前記フラクタル評価値に基づいて、前記複数の候補画像の中から超解像画像を決定する決定部と
を備える超解像装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT