錯視立体群

開放特許情報番号
L2020000130
開放特許情報登録日
2020/1/21
最新更新日
2020/1/21

基本情報

出願番号 特願2017-187524
出願日 2017/9/28
出願人 学校法人明治大学
公開番号 特開2019-059190
公開日 2019/4/18
発明の名称 錯視立体群
技術分野 機械・加工、生活・文化
機能 材料・素材の製造
適用製品 錯視立体群
目的 錯視立体を楽しむバリエーションの多様化を図ることができる錯視立体群を提供する。
効果 錯視立体を楽しむバリエーションの多様化を図ることができる。
技術概要
所定の規定部品姿勢としたときに、第1視点から見た第1視認形状と第2視点から見た第2視認形状とが異なる形状となるように設計された錯視立体部品を複数備え、
複数の前記錯視立体部品がそれぞれ規定部品姿勢となる関係で、複数の前記錯視立体部品の位置関係を規定する位置関係規定部を備えることを特徴とする錯視立体群。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 明治大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT